音楽と展覧の会

音楽と展覧の会 (高等学校)

日 時:2020年11月25日(水)~12月7日(月) 終了
会 場:オンライン開催

パンフレットの校長挨拶より

 新型コロナウィルスの「せいで」、今年の学校活動は異例ずくめとなりました。長い臨時休校、短い夏休み、そして例年多くの来場者と楽しんできた「音楽と展覧の会」もこうした形での開催となりました。
 異例ということは前年に頼れないということです。甲陽史上初となる「リモート音展」。それを準備し実行するにあたり、実行委員の生徒諸君には多くの苦労があったと思います。もちろんそれが、自分たちを鍛える貴重な経験になったことも確かでしょう。
 すっかり姿を変えた今年の音展ですが、そのなかに「これこそが甲陽の音展だ」という何かが感じられたなら、「This's」というテーマがいっそう輝きを増すでしょう。新型コロナウィルスの「おかげで」、今年はこんな音展となりました。

パンフレットの音楽と展覧の会 実行委員長挨拶より

 1月に音展委員会が発足してから、約3ヶ月間の休校があり、8月には学校での開催を諦めてオンラインでの開催に変更されました。なぜ自分たちの年に・・・と何度も思いました。でも、今は歴史に残る年に音展委員長として活動できたことを嬉しく思っています。来年はいつものように音展が開催されることを願っています。
 今年の音展のテーマは「This's」です。この短縮形は本来存在しない形で、そこから「今までにないものを創り上げよう」という思いを込めました。前例のないオンラインでの開催にぴったりなテーマだと思います。各団体の創り上げた「最初で最後」の企画をぜひ楽しんで観ていただけたら、と思います。

  


2019年度 音楽と展覧の会 (高等学校)

音楽と展覧の会 音楽と展覧の会 日 時:2019年9月22日(日)9時~15時30分終了
会 場:甲陽学院高等学校

パンフレットの校長挨拶より

   Quartette(カルテット)

 校長 「このカルテットって4やろ?」
 生徒M「はい。音楽と展示と生徒とお客さんで四つです。」
 校長 「ん?」
 生徒M「デジタルとアナログと人と自然と考えても結構です。」
 校長 「ん?」
 生徒M「はい。」
 校長 「でもね、さっきの例は音楽と展示で一組、
     生徒とお客さんで一組やから、
     カルテットやなくてダブル・デュエットやんか。」
 生徒M「はい。そのダブル・デュエットがカルテットとなって
     美しいハーモニーを奏でるというのが今日の音展なんです。」
 校長 「ん?」
         ・・・なんだそうです。どうぞお楽しみください。

パンフレットの音楽と展覧の会 実行委員長挨拶より

 皆様こんにちは、音展実行委員長の松井です!
 今年の音楽と展覧の会のテーマは「Quartette」です。イタリア語由来のこの言葉は「四重奏」という意味を指しますが、僕たちは音展というものは「音楽・展示・甲陽生・お客さん」の四要素が織りなしてできるものだと考えてこのテーマを選びました。最後の要素である皆様に来ていただいてはじめて音展は完成します。
 ごゆっくりお楽しみください。